ブログ

【診療所】診療科目ごとの必要面積について

クリニック開業の際に、必ず検討しなくてはならないことの1つが、「適正な広さであるか」です。
各診療科目で必要な面積の目安があり、建物を建てる際にも、テナント区画を探す際にもこれを意識する必要があります。目安より狭い面積ですとプランニングや診療が苦しくなりますが、逆に広すぎても余分な建築費用や家賃を払うことになりかねません。
今回は主な診療科目について、必要な面積の目安と、代表的な導入機器をご案内いたします。

内科:35~45坪

・X線撮影装置
・自動現像機またはCR
・超音波診断装置
・心電計
・医療用冷蔵庫

小児科:35坪~45坪

・X線撮影装置
・自動現像機またはCR
・超音波診断装置
・心電計
・顕微鏡
・医療用冷蔵庫
・ネブライザー(吸引器)

耳鼻咽喉科:25坪~45坪

・X線撮影装置
・自動現像機またはCR
・聴力検査室(オージオブース設置)
・ネブライザー(吸引器)
・経鼻内視鏡

眼科:30坪~60坪

・顕微鏡
・眼圧計
・視野測定機器
・眼底撮影機器
・視力検査機器
・角膜測定機器
・レンズキャビネット

整形外科:55坪~70坪

・X線撮影装置
・自動現像機またはCR
・電動サイクル等リハビリ機器
※リハビリ室を45㎡以上確保すること(施設基準による)。

その他、標榜する科目や目指す診療内容で必要な機器類と面積が変わります。例えば手術室や内視鏡室が代表的ですが、特にCRやMRIを始めとする画像撮影機器の導入については、スペースの確保だけでなく、搬入経路や設置重量の確認も重要です。
Kudoカンパニーでは、どの診療科目でも開業のトータルサポートが可能です。
弊社プロデュースのクリニックモール「プチモンド」では、開業向けテナント区画を用意しております。
いずれも地域のランドマークとして親しまれている建物です。よろしければ、ご検討なさってみてはいかがでしょうか。

Kudoカンパニーには、開業希望のドクター向けに、無料相談会や見学会を随時開催しております。
ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

まずはご相談ください

Kudoカンパニーは、お客様の置かれた状況に合わせた柔軟な対応を得意としています。
まずはあなたのお悩みについてお聞かせください!

メ―ル出でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ