お客様の声

写真
津田内科クリニック
津田泰伸 先生
  • 写真
    この度めでたく開院されましたが、開業に踏み切ったきっかけを改めて教えてください。
    大学病院や総合病院での勤務をしていて思いましたが、どうしても大病院では患者さん1人1人に接する時間が限られ、希薄な点が不満でした。もっと患者さんに十分な説明を提供できる環境を考えた結果、開業を決意いたしました。
  • また開業を決意された時期は、どれぐらい前だったのでしょうか。
    約2年です。開業の知識に乏しかったので、少し冷却期間を置きながら検討しました。
  • もちろん不安も少なからずあったと思いますが、何が一番心配でしたか?
    最近の医療情勢からすれば、開業=成功では全くないと思いました。限られた資金から現実的な事業計画を立て、それでもその通りに成り立つのかが一番の心配事でした。
  • そのうえで、最終的にプチモンドメディカルを開業のパートナーに選ばれた決め手は何だったのでしょうか。
    提案して頂いた事業計画が極めて現実的であった事があげられます。初期投資を抑えるノウハウが優れていると思いました。
  • 写真
    ありがとうございます。では、新規開業の際に力を入れていた部分、または結果的にこだわった部分があれば教えてください。
    初期投資を抑えつつ設備の質を落とさないという矛盾にあえてこだわりました。この点に関して、Kudoカンパニー株式会社さんには大変お世話になりました。多少の労は惜しまず、全てを他力本願としないという点にこだわれば、大きなコストカットが出来る事がわかりました。
  • では、予想外に大変だった!苦労した!という点はありましたか?
    やはり人事です。新規開業の綺麗な医療モールですから、応募が予想を遥かに超えてしまい、嬉しい悲鳴でした。選定に関しては、今まで選ばれる立場であったのが、逆に選ぶ立場になったものですから、面接を含めいろいろな苦労がありました。
  • 写真
    確かにあの一件は印象深かったですね。こうして無事に開業されたわけですが、先生の目指す理想の医療・クリニック像を教えてください。
    内科的疾患は症状が出てからではかなり進行している疾患が多いです。発症前からの早期予防を受け入れてもらえる、十分な説明の出来るクリニックを目指しています。病院嫌いな患者さんに通ってもらえたら嬉しいです。
  • 私たちも影ながらお手伝いいたします。では最後に、開業を志しているドクターにメッセージをお願いします。
    最近の開業では、初期投資をいかに抑えるかがポイントだと思います。シビアな事業計画こそ重宝されるべきではないでしょうか。また、その様な提案をしてくれるパートナーを見付け、尊重される事を願います。医療に集中するには、数字に追いかけられない環境が大切だと感じています。
  • この度はお忙しい中、ありがとうございました!
短い取材でしたが、津田先生の真摯さ、ひたむきさが伝わってきたでしょうか。
津田先生が院長をつとめる「津田内科クリニック」のホームページもぜひご覧ください。 http://www.tsuda-naika.com/

まずはご相談ください

Kudoカンパニーは、お客様の置かれた状況に合わせた柔軟な対応を得意としています。
まずはあなたのお悩みについてお聞かせください!

メ―ル出でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ